コンカフェとは?ガールズバーとの違いや仕事内容について解説

東京・秋葉原を中心に、大阪や名古屋、福岡などでお店が増えている「コンカフェ」。近年では、男性客だけでなく、女性客や外国人観光客も行くようになり注目度が上がったことから、一度は「コンカフェ」という言葉を耳にしたことがある方が多いでしょう。

本記事では、「そもそもコンカフェとは何なのか」、似たようなお店と思われる「ガールズバーとの違い」について解説します。

コンカフェについて知りたい方だけでなく、コンカフェで働きたい方、他の業種と比較して仕事先を考えたい方もぜひ参考にしてください。

コンカフェとは

特定のテーマやコンセプトを持った飲食店のこと

「コンカフェ」とは、「コンセプトカフェ」の略で、お店ごとに決められたコンセプトやテーマに合わせたコスプレを着ている店員が接客する飲食店のことです。

また、名前に「カフェ」が入っているものの、多くのお店でお酒も提供しています。営業時間も日中だけでなく、深夜までオープンしていることもコンカフェの特徴です。

近年は全国各所に増えてきている

コンカフェが誕生したのは今から約20年前です。当時、秋葉原にメイドカフェが生まれ、アキバ文化がメディアに多数取り上げられるようになりました。

知名度が上がった結果、メイドカフェだけに限らずいろいろなコンセプトのお店が登場しています。特に近年では東京都内だけでなく、大阪、名古屋、福岡といった都市部を中心に急速に増えています。

客層もとても幅広く、男性客だけでなく女性客にも人気を集めており、外国人観光客の観光地としても注目されています。

カフェ業態とバー業態がある

コンカフェには昼間から営業する「カフェ業態」と、夕方から深夜に営業する「バー業態」の2種類があります。

カフェ業態は「オーソドックスなメイドカフェに行きたい人」向け、バー業態は「女の子と楽しくお酒を飲みたい」人におすすめです。

カフェ業態の特徴
・昼から営業開始して日付が変わる前までに閉店
・ドリンクだけでなく、フードメニューも豊富
・オムライスにイラストを描くなどの萌え系パフォーマンスがある
バー業態の特徴
・夕方から深夜・翌朝にかけて営業している
・食事よりもお酒が中心・女の子にドリンクをあげられる

コンカフェの仕事内容

コンカフェはカフェ業態なのか、バー業態かによって、仕事内容に違いがあります。また、コンカフェで扱っているテーマによっても提供するサービスは違うものの、基本的に飲食を提供する点は同じです。

カフェ業態の仕事内容

カフェ業態の仕事内容 まとめ
・お客様の案内から見送りまでの接客を行う
・提供するフードメニューに絵を描く
・お店によっては歌やダンスなどのパフォーマンスを行う
・お客さんとチェキの撮影
・フードやドリンクの給仕(配膳)
・会計や清掃などの雑務

コンカフェのカフェ業態の仕事内容は、基本的に一般的なファミリーレストランのような飲食店とほとんど同じで、お客さんが来店したら席に案内し、注文を聞き、配膳してお会計をするのがメインとなります。

違いを挙げるなら、提供するフードメニューによってはイラストを描いたり、パフォーマンスを行うことです。さらに、「アイドル」をコンセプトにしているお店では、キャストがステージで歌ったりダンスをするところもあります。

バー業態の仕事内容

バー業態の仕事内容 まとめ
・お客様と一緒にお酒を飲む
・お客様との会話が中心
・簡単なドリンクの調理・提供
・カラオケリクエストに応える
・お客様にドリンクをもらう(ボトルバックあり)
・お店によっては歌やダンスのパフォーマンスあり

コンカフェのバー業態は、ガールズバーのようにカウンター越しでお客さんにお酒を調理・提供するのが主な仕事となります。なお、カフェ業態とは異なり、お客さんとの会話も仕事内容に含まれます。

さらに、お店によってはオプションが用意されており、お客さんからリクエストがあればカラオケで歌を歌ったりすることもあります。

コンカフェの種類一覧

コンカフェには様々な種類があり、コンセプトによってコスプレの種類も提供するサービスもバリエーション豊かです。

コスプレ系カフェ

コンカフェの最もスタンダードな種類が、コスプレ系カフェです。元祖であるメイドカフェにはじまり、特定のジャンルのコスプレをした女の子たちが、世界観に合ったキャラクターとして接客を担当します。

コスプレ系カフェの例
・メイドカフェ
・アイドルカフェ
・ナースカフェ
・小悪魔カフェ
・男装カフェ

メイドカフェはコスプレ系カフェの一種

メイドカフェはコスプレ系カフェの一種であり、今のコンカフェ文化の先駆けとなったお店です。

今では「メイド衣装を着た店員が接客をするカフェ」というコンセプトカフェの1つで、有名なアキバ系文化の1つとして世界中に知られています。

動物系カフェ

動物系カフェは、女性キャストが猫や犬、うさぎなどのコスプレをして接客をするお店です。

かわいらしいキャストとの交流を通して、癒しを求める人たちから人気を集めています。

動物系カフェの例
・ドッグカフェ
・猫カフェ
・うさぎカフェ
・馬カフェ
・テディベアカフェ

コラボ系カフェ

コラボ系カフェには、作品のプロモーションのためにアニメやゲームの世界観をモチーフにしたコラボメニューを提供する期間限定で営業している形式と、キャストがアニメやゲームに登場するキャラクターのコスプレをして接客をする形式の2種類があります。

特に、作品のプロモーションを兼ねたカフェでは、限定のフードやドリンクメニュー、グッズなどを購入でき、店内もコラボ作品をイメージした装飾をしています。

男性に人気の作品もあれば、女性人気が高い作品、さらに子供に人気のキャラクター系のコラボもあり、幅広い年齢層に向けたカフェであることが多いです。

コラボ系カフェの例
・呪術廻戦
・東京リベンジャーズ
・サンリオキャラクターズ
・名探偵コナン
・ラブライブ!シリーズ

地雷系カフェ

地雷系カフェはあざとくてかわいいキャストが、セクシーな衣装を着て接客するお店です。

地雷系とは、魅力的でとても可愛らしい外見ながらも、意外な闇の一面を持っているような女性のことです。クラシカルなゴシックメイドのほか、ダークな雰囲気のメンヘラカフェなどがあります。

地雷系カフェ
・ゴシックメイド
・メンヘラ
・悪魔
・量産型
・病みかわ

コンカフェの営業時間

カフェ業態は12時頃から夜23時頃の間

カフェ業態は、昼12時頃から夜の23時頃という、日付が変わる前までの営業が中心です。

遅くとも23時には閉店するため、どちらかと言えばランチやディナーとして来店するお客さんが多くいます。

また、お店によって営業開始時間にバラつきがあります。必ずお昼からオープンとは限らないため、目当てのコンカフェに行く前に営業時間を調べてから行くのがおすすめです。

バー業態は17時頃から深夜・翌朝にかけて営業している

バー業態は、17時頃から深夜・翌朝まで営業しているところがあります。

基本的には、夕方の17時頃から25時の間で営業しているお店が多いですが、お店によっては翌朝の始発が動き出す5時台まで営業しているところもあり、お酒を朝まで楽しみたい人たちに人気です。

ただし、深夜にお酒を提供するには「深夜酒類提供飲食店営業」の届け出が必要です。この届けを出していないと違法になってしまうので、働く際は事前に確認しておきましょう。

土日祝は昼頃から営業しているお店もある

バー業態のコンカフェは、土日祝の場合は日中から営業するところもあります。平日よりも早い時間から来店できるため、午後からバー業態のコンカフェでお酒を楽しみたい方におすすめです。

ただし、すべてのお店が営業時間を早めているわけではありません。目的のお店の土日祝の営業時間を事前に調べておくようにしましょう。

コンカフェの料金システム

カフェ業態とバー業態の料金比較表

項目カフェ業態バー業態
チャージ料金2,000円 ~3,000円 ~
フード1,000円 ~1,000円 ~
ドリンク1,000円 ~1,000円 ~
キャストドリンクないお店もある1,000円 ~
チェキ500 ~ 1,500円1,000円 ~ 2,000円
ゲーム・カラオケ1,000円 ~1,000円 ~
ボトル(シャンパン)なし5,000円 ~ 数十万円

カフェ業態は2,000円ほどあれば楽しめる

カフェ業態は、セット料金とフード、ドリンクどちらかを合わせた食事メニューが中心です。2,000円ほどあれば十分楽しめるため、お試しでコンカフェに行ってみたい方におすすめです。

ただし、キャストとチェキ撮影やゲームをするなどのオプションも追加すると、合計で5,000円以上になることもあるため、予算に合わせて注文しましょう。

バー業態は最低3,000円ほど必要になる

バー業態では、ほとんどのお店で「1セット60分飲み放題で3,000円」という形式を採用しています。

飲み放題の基本料金に、キャストへドリンクやおつまみを注文するとプラスで料金がかかるシステムです。特に、シャンパンなど高価なボトルがあるお店は、キャバクラのように数十万円の料金を支払うこともあります。

時間を気にせず、ゆっくりとお酒を飲む人は、想定していた以上に料金が高くなってしまう可能性があるため、お店に行った際は時計を見ながら飲むか、別業態のお店を検討しましょう。

コンカフェとガールズバーとキャバクラの違い

項目コンカフェガールズバーキャバクラ
接客スタイル各テーブルを回るカウンター越し客の隣に座る
ノルマ
給料1,000 ~ 2,000円2,000 ~ 3,000円3,000 ~ 5,000円
平均年齢18~25歳18~25歳18~30歳
客層老若男女20~50代の男性30歳以上の男性
料金システム2,000 ~ 3,000円3,000円 ~5,000円 ~
特定のコンセプト
萌え系コンテンツ
チェキ撮影
キャストが女性
連絡先の交換

接客スタイルがジャンルによって異なる

業種接客スタイル
コンカフェキャストが各テーブルを少しずつ回って接客する
ガールズバーキャストがカウンター越しに1人、もしくは複数人を接客する
キャバクラキャストがお客さんの隣に座って接客する

コンカフェは、ガールズバー・キャバクラとは異なり、特定のお客さんを長時間接客するのではなく、各テーブルにキャストが少しずつ回るのが基本となります。

また、コンカフェには、キャバクラのような指名制度はないため、お客さんが特定のキャストを指名して自分のテーブルで会話を楽しむことができません。

業務のノルマの有無

コンカフェやガールズバーには、基本的にノルマがありません。一方でキャバクラは出勤や指名、お酒などのノルマがあり、未達成の場合はペナルティが科されてしまいます。

ペナルティは、時給が下がったり出勤調整させられることもあるため、キャストとしての人気が重視されます。

給料

コンカフェ・ガールズバー・キャバクラは、同じ「夜のお店」というジャンルでまとめられがちですが、接客スタイルやサービスが異なるので、時給も変わってきます。

キャバクラ、ガールズバー、コンカフェの順に時給が高く、キャバクラやガールズバーは勤務時間が短くても高収入を得られるでしょう。

それに比べて、コンカフェは少し低めですが、チェキバックがあるので人気になれればガールズバーよりも稼げる可能性があります。

キャストの平均年齢

キャストの年齢は、業種によって制限はないものの、ほとんどのお店は募集年齢を決めています。

基本的には、18歳~30歳の女性を募集されていることが多いですが、コンカフェ嬢は寿命がガールズバーやキャバクラよりも短く、25歳と言われています。

また、キャバクラは、コンカフェやガールズバーで得た知識や経験を活かし、高収入を求めて転職する女性が多いことから、30歳以上の女性も働くことができます。

コンカフェに年齢制限はある?コンカフェ嬢の平均年齢と卒業するタイミングを紹介

お店に来る客層

コンカフェには、老若男女問わず、若いカップルからおじさんまで幅広い年齢層のお客さんが来店します。また、日本文化を楽しむ目的で外国人観光客も多く来店するため、接客している中で英語などの外国語の勉強になるという魅力もあります。

ですが、ガールズバーやキャバクラは20代以上の男性が中心で、女性客はほとんどいないのが特徴です。

料金システム・平均予算

業種料金システム
コンカフェ(カフェ業態)チャージ+注文メニュー+オプション
コンカフェ(バー業態)〇分〇円の時間制飲み放題+オプション
ガールズバー・キャバクラセット料金+ドリンク代+オプション

コンカフェのカフェ業態は、席のチャージ料と食事やドリンクメニューの料金が中心です。そこに、チェキ撮影などのオプションがプラスされるというシステムになっています。

バー業態は、アルコールありの時間制限つき飲み放題を提供しているところが多く、そこにオプションが加わる分、カフェ業態よりも少し料金が高い傾向にあります。

ガールズバーやキャバクラは、ボトルを注文したり、高価なオプションをつけたりと、お客さんによって遊び方がさまざまです。中には一晩で数十万から数百万円を支払う人もいます。

お店ごとに特定のコンセプトがある

コンカフェは、メイドや小悪魔などのお店のコンセプトに合わせたコスプレを着て接客をします。

ですが、ガールズバーやキャバクラには特定のコンセプトやテーマはなく、キャストがお酒を提供して接客するといったシンプルなシステムです。

ただし、一部のガールズバーにはOLやバニーガールの衣装を着て接客をするお店もあるため、事前にホームページを確認して雰囲気を調べておくのがおすすめです。

萌え系のコンテンツがある

メイド系のコンセプトカフェなら、キャストがオムライスに絵を描いたり、ステージで歌やダンスのパフォーマンスをしたりといったコンテンツがあります。

コンカフェならではの萌え系コンテンツで、ガールズバーやキャバクラにはないシステムです。

キャストとのチェキ撮影がある

コンカフェは、食事やサービスを楽しむと同時に、お店に行ったことが思い出になるオプションとして、キャストとの「チェキ撮影」があります。撮影したチェキには、キャストが可愛い落書きとサインを入れて、お土産として提供してもらえます

そのため、友達にコンカフェに行ったことを共有したい人や、推しキャストとの会話が盛り上がった時の思い出としてチェキを撮るのがおすすめです。

キャストが女性でないお店もある

ガールズバーやキャバクラは、女性が男性に接客しますが、一部のコンカフェには男性がキャストである「メンズコンカフェ」があります。

メンズコンカフェは、女性が働く一般的なコンカフェよりも店舗数は少ないものの、執事喫茶やスーツ、軍服といった、男性ならではのコンセプトをテーマにしているため、人気を集めています。

キャストとの連絡先の交換ができない

コンカフェは、基本的にキャストとお客さんが連絡先(LINE)を交換するのは禁止されています。ですが、ガールズバーやキャバクラは、連絡先の交換を禁止しておらず、キャストが自分の人気度や好感度を上げるために、お客さんとメッセージのやり取りをしているケースが一般的です。

コンカフェ嬢は、コンセプトのある世界観のカフェで働いているため、店外での付き合いはNGです。もし、お店に連絡先を交換したことがバレるとキャストは解雇されて、お客さんも出入り禁止になってしまいます。

特に、運営会社がキャバクラグループや反社会的組織の場合は、罰金を請求されるケースもあります。

コンカフェで連絡先・LINEを交換していい?繋がりがバレたらどうなるのか解説!

まとめ

コンカフェは、お店ごとに決められたコンセプトに沿って、キャストが衣装を着て接客をするお店です。フードメニューが充実しているカフェ業態は、昼から夜にかけて営業しており、男女問わず幅広い層のお客さんが来店します。

バー業態は、カフェ業態とは異なり、お酒を中心に提供しますが、キャストが決められたコンセプトの衣装を着て接客するのは同じです。

さらに、コンカフェには、ガールズバーやキャバクラにはない「チェキ撮影」があり、コンカフェ嬢との交流をリーズナブルな料金で楽しめるのが魅力です。

かわいいコスプレを楽しみたい人や、キャストによるコンカフェ独自のサービスを受けたい人におすすめです。

当サイトでは、コンカフェ・ガールズバーに関する情報を多数掲載しています。コンカフェ・ガールズバーに興味がある方は、ぜひ他の記事も参考にしてみてください。