ガールズバーのキャッチ(客引き)のコツとは?行うときの注意点も解説

ガールズバーの仕事にはキャッチ(客引き)もあり、どうすればお客さんを呼び込めるのかお悩みの方もいるのではないでしょうか?

基本的にキャッチや客引き行為は風営法違反にあたりますが、呼び込みであれば法律の範囲内で行えるため、ガールズバーでは呼び込みにあたる営業をする場合があります。

本記事では、ガールズバーにおけるキャッチ(客引き)のルールや、違法にならないようキャッチを成功させるコツについて解説します。

ガールズバーでのキャッチや客引きの仕事が不安な人は、ぜひ参考にしてください。

ガールズバーでキャッチ・客引きをしてもいい?

風営法の第22条で禁止されている

ガールズバーをはじめ、風俗店やパチンコ店など風営法に則って営業する必要のある店舗では、風営法第22条によりキャッチ(客引き)行為が禁止されています。

そのため、歩行者にしつこく付いて自店に引き込もうとしたり、進路に立って歩行を妨げる行為は法律違反となるため、絶対にしてはいけません。

また、地方自治体ごとに定められた迷惑防止条例では、露出が激しい過激な衣装を着てお店に呼び込むことも、違反行為と定められている場合もあります。

自治体によって迷惑行為となる内容や基準は変わり、注意程度で済む場合もあれば、従業員はもちろん、お店そのものが警察に目をつけられる場合もあります。

そのため、ガールズバーで働くときは、店舗がある地域ごとのルールも確認のうえ、違反にならない範囲で呼び込みましょう。

呼び込みは違法行為にならず行っても問題ない

客引き(キャッチ)は風営法により違法行為とされていますが、ガールズバーへの呼び込みであれば、法律の範囲内で行えます。

例えば、ガールズバーで主に行われる呼び込みとして、店舗の前に立って店名や料金が書かれた看板を持ったり、ビラを配ったりすることはまったく問題ありません

ただし、看板やビラに掲載した写真やイラストがわいせつなものと判断されれば、迷惑防止条例に引っかかる恐れがあるため、注意が必要です。

自分で看板やビラを作成する場合は、客観的に見て問題がない内容のものを作りましょう。

ガールズバーでキャッチ・客引きをやる理由

お客さんが来店しないと利益が出せないから

ガールズバーをはじめとしたお店では、お客さんが来店しなければ利益を出せません。

お店の利益は、お客さんが来店して店内で時間を過ごしたり、お酒やフードを注文することで初めて発生します。

発生した利益からお店の維持費やキャストへの給料を支払うことになるため、より利益が出せるようお客さんを呼び込むことは、ガールズバーの営業において欠かせません。

お客さんが来店せず利益が出せなければ、キャストの給料の支払いが滞り、最終的には閉店せざるをえない状況に陥る恐れもあるでしょう。

そのため、利益を出すための呼び込みは、ガールズバーの営業において欠かせないことです。

ガールズバーってどんな感じ?仕事内容やキャバクラとの違いについて紹介

客寄せパンダとして外に出して新規顧客を狙う

お店の売上を増やすには、常連のお客さんを大切にすることはもちろん、新規顧客を獲得することも重要です。

呼び込みをすれば、キャストをお店の前に出して客寄せパンダとして通行人の目を引けるため、道を通りかかっただけの新規顧客の流入を狙えるでしょう。

特に、見た目が可愛くて第一印象の良いキャストが客引きすれば、通行人の注目度も高まるため、人気のキャストではなく見た目が整ったキャストを客引きに出すお店もあります。

さらに、来店きっかけが客引きでも、店内での接客やキャストとの時間を気に入ってリピーターになってもらえれば、お店の認知度や売上を高められるため、ガールズバーで客引きするメリットは豊富です。

ガールズバーのキャッチ・客引きのコツ

笑顔で元気よく話しかける

ガールズバーのキャッチや客引きに出かけるときは、笑顔で元気よく話しかけましょう。

基本的に、男性は女性に笑顔で元気よく話しかけられれば嬉しいと感じ、警戒心を解いてくれる傾向にあります。

自分の呼びかけを無視されないためにも、必ず笑顔で相手の目を見て声をかけてください。

特に、呼びかけるときの笑顔も作り笑いではなく、できるだけ自然な笑顔を向けられるよう練習しておくことが客引きを成功させるコツです。

もちろん、往来や周辺住民の迷惑になるほど大きな声を出せば、違法行為とみなされる恐れがあるため、呼びかける相手を絞ってよく聞こえるよう話しかけましょう。

相手にお店に来るメリットを伝える

ガールズバーでキャッチをするときは、相手にお店に来るメリットを積極的に伝えましょう。

  • 「1時間2,000円でビールが飲み放題なんですよ」
  • 「今日はイベントで、キャスト全員浴衣を着ているんです」

自分の働くお店で「お客さんがどう楽しめるのか」「ほかのお店とどのような違いがあるのか」を具体的にアピールすれば、お客さんの興味を引けます。

基本的に、笑顔で話しかけてこちらに返事をしてもらえたのであれば、来店するメリットにも耳を傾けてもらえる可能性が高いです。

お店のメリットやアピールポイントをしっかりと伝えて、お客さんをお店に呼び込みましょう。

無視されたらすぐに他の人を探す

声かけに反応がなく無視されたら、すぐに切り替えて他の人に狙いを変えてください。

キャッチの声かけを無視する人は、いくらアピールしてもお店に来てもらえる可能性が低く、しつこくつきまとえば条例違反を指摘されて、警察を呼ばれる恐れもあります。

そのため、キャッチはお店を探している人や自分に興味を持ってくれた人に絞って、お店に来店するメリットや魅力を笑顔で伝えましょう。

2軒目を探している人を見極めて話しかける

通行人のなかでも積極的に話しかけたいのが、2軒目を探している人です。

繁華街にお酒を飲みに来た人のほとんどは、1軒目をある程度決めているため、呼びかけても来てくれません。

しかし、2軒目以降は決まっておらず、周辺を歩きながら考える人が多いです。

ある程度お酒も入っており、笑顔で話しかければ気も大きくなってお店に来てくれる可能性が高いため、積極的に話しかけましょう。

2軒目以降と考えられる人を探すポイントは、お酒が入っており顔が赤い人や声が大きい人に候補を絞ることです。

飲み始めた時間にもよりますが、21時以降だと1軒目を出て2軒目を探す人も増えるため、時間にも注目しながら探してください。

歩くスピードが遅い人を中心に声をかける

キャッチをする際は、なるべく歩くスピードが遅い人を狙って声をかけましょう。

歩くスピードが速い人は、すでに行き先が決まっていたり、予定があり急いでいたりする可能性が高く、声をかけても無視される場合がほとんどです。

対して、歩くスピードが遅い人は予定が決まっておらず、ふらっと繁華街に訪れただけの人やお店を探している人が多いため、声をかければ反応してもらえる可能性があります。

キャッチをしているときに、歩くスピードが遅かったり、視線がキョロキョロしていてお店を探している様子があったりする人を見かけたら、ぜひ声をかけてみてください。

なるべく金銭的に余裕がありそうな人を選ぶ

キャッチ・客引きのコツは、服装や持ち物をチェックして、なるべく金銭的に余裕がありそうな人を選んでみることです。

キャッチは、多くの人に声をかけないとお店に来てもらえる人数が増えませんが、手当たり次第に声をかけても効率が悪く時間の無駄になってしまいます。また、2軒目を探していそうな人でも、もう手持ちのお金がなく家に帰る途中の可能性もあるため、それなりにお金を持っていそうな人がおすすめです。

もし、見極めるのが難しければ、常連さんにお金持ちの人がいなかったかを思い出し、その人に似ている人を探すと良いでしょう。

ガールズバーでキャッチ・客引きをするときの注意点

ガールズバーのキャッチや客引きは一歩間違えれば違法行為と見なされ、通報されれば取り締まられる危険性もあるため、注意が必要です。

ガールズバーでキャッチをするなら必ず守りたい、注意点について解説します。

無視された・返事がなかったらすぐに離れる

客引きのため声をかけても無視されたり、返事がなかったりした場合は、すぐにその場から離れてほかの人に声をかけましょう。

無視されても引き下がらず強引に声をかけたりお店をアピールしたりすれば、風営法違反や迷惑防止条例違反となる恐れがあります。

特に、しつこくつきまとって相手に逆上されて警察を呼ばれれば、自分はもちろんお店も取り締まりの対象になってしまいます。

もし、違反にならない程度の呼び込みだったとしても、通報されれば注意や指導を受ける可能性があるため、無視された場合はすぐにその場を離れるようにしましょう。

返事があっても相手の進路を防がないように歩く

歩行者から返事があったとしても、相手の進路を塞がないようにしましょう。

進路を塞いで通行を妨げてしまうと、風営法違反であり、通報されれば摘発される恐れがあります。

そのため、あくまでも通行を妨げず、横に並んで歩いたり立ち止まってくれたりしたときに積極的にアピールしてください。

ガールズバーでキャッチ・客引きを行うメリット

【お店】新規顧客であればリピーターになってもらえるかもしれない

キャッチや客引きを行えば、新規顧客の流入を狙えるため、お店側からするとメリットがあります。

お客さんにお店を認知してもらい、店内で楽しい時間を過ごしてもらえれば、リピーターになってもらえる可能性があるからです。

「ここは良いお店だ」と思って通ってくれるリピーターのお客さんができれば、友人や会社の同僚を連れてきてもらい、さらなる顧客増加を見込める可能性もあります。

キャッチをきっかけに来店してくれた新規顧客数が増えるほど、リピーターを増やすチャンスも増えるため、さらなる売上アップを期待できることが、キャッチを行う魅力です。

【お店】少しでも利益を上げられる

もし、リピーターにならなかったとしても、キャッチにより新規のお客さんが来店すれば、その日の利益を少しでも伸ばせます。

ガールズバーとしては、空席を作らないよう営業することが売上最大化の第一歩のため、新規のお客さんを積極的に呼び込むことは、経営において非常に大切です。

もちろんリピーターになってもらえればさらに売上を見込めるため、ガールズバーではキャッチや客引きは、店内での接客のクオリティを上げることと並行して工夫しましょう。

【キャスト】キャッチできた人数に応じてバックがもらえる

ガールズバーのキャスト側から見ると、キャッチをすればお店に呼び込んだ人数に応じてバックがもらえることが、メリットとして挙げられます。

バックは時給とは別でもらえるため、キャッチの方法に工夫してより多くのお客さんを呼び込めれば、バックでもどんどん稼げるでしょう。

また、呼び込みによりお店の売上に貢献できれば、時給そのものが上がったり、優先的にシフトを入れてもらえたりと、働きやすさにもつながります。

ガールズバーの人気キャストを目指してより稼ぐうえでも、キャッチでお客さんを呼び込むコツを押さえて働くことは大切です。

【キャスト】気に入ってもらえればドリンクを注文してもらえる

キャッチがきっかけでお客さんに自分を気に入ってもらえれば、店内でドリンクを注文してもらい、さらにバックを稼げる可能性もあります。

ガールズバーで稼ぐなら重要なのが、ドリンクバックの数です。

お客さんに入れてもらったキャスト用ドリンクの杯数に応じて、ドリンクバックも増えていくため、自分を気に入って来店してくれるお客さんを増やすことは、ガールズバーでの稼ぎ方の基本です。

そのためには、キャッチを通じて自分に興味を持ってくれるお客さんを探すことはもちろん、店内での接客がカギを握ります。

トークや元気な笑顔でお客さんを楽しませて、より多くドリンクを注文してもらえるキャストを目指しましょう。

ガールズバーの給料の相場は?どれくらい稼げるの?平均の時給と月収、具体例を紹介!

ガールズバーでキャッチ・客引きを行うデメリット

【お店】キャストが逮捕されると営業停止処分になる可能性がある

キャッチや客引きは基本的に法律違反であり、客引きが通報されてキャストが逮捕されると、お店も営業停止処分を受ける恐れがあります。

営業停止処分になれば、売上がなくなり実質的にお店を閉店せざるをえない状況に陥る恐れもあるため、経営において大きな打撃を受けるでしょう。

安心してお店を営業するためには、キャッチや客引きにあたる営業はしないよう徹底し、呼び込みの範囲内でお店をアピールするようキャストに周知していくことが大切です。

【キャスト】起訴されると罰金・懲役に処される

しつこいキャッチを通行人が通報すれば、キャストが起訴されて罰金刑や懲役刑に処される恐れもあります。

ガールズバーのキャッチは100万円以下の罰金または6ヶ月以下の懲役が科されるため、知らず知らずのうちにキャッチ行為をしてしまわないよう、注意しなければいけません。

どのような行為が違反となり、どの範囲なら法律の範囲内で呼び込みできるのか、きちんと把握したうえで働きましょう。

【キャスト】不起訴になっても前歴が残ってしまう

キャッチ行為が不起訴処分となったとしても、刑罰における前歴は残ってしまいます。

前歴が残ると再犯したときに起訴される可能性が上がったり、今後の雇用において不利にはたらく恐れもあります。

今後の自分の仕事に影響をもたらす恐れもあるため、キャッチや客引きにあたる行為は絶対にしないようにしましょう。

まとめ

ガールズバーでは、キャッチや客引きにあたる行為は風営法や自治体の迷惑防止条例に違反するため、絶対にやってはいけません。

ただし、お店の前でお客さんに呼びかけたりビラを配ったりする呼び込み行為であれば、法律の範囲内でお店をアピールできます。

そのため、ガールズバーで働くときは通行の妨げにならない呼び込みの範囲内で、新規顧客の流入を目指しましょう。

法律の範囲内で呼び込みすることは、お店はもちろんキャストも知っておくべき内容のため、周知を徹底したうえで安心して働ける環境を目指してください。

当サイトでは、コンカフェ・ガールズバーに関する情報を多数掲載しています。コンカフェ・ガールズバーに興味がある方は、ぜひ他の記事も参考にしてみてください。