コンカフェに年齢制限はある?コンカフェ嬢の平均年齢と卒業するタイミングを紹介

「コンカフェでアルバイトしたい」と思っているものの、実は年齢制限があって「高校生や未成年者はアルバイトできないのでは?」と応募できずにいる方もいるのではないでしょうか?

本記事では、「コンカフェで働ける年齢に制限はあるのか」や「コンカフェ嬢の平均年齢」、「何歳くらいまで働けるのか」を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

コンカフェバイトの年齢制限

15歳以上の高校生であれば働けるお店はある

コンカフェでは、キャストがお店のコンセプトに合わせた衣装を着て接客をしていますが、仕事内容は一般的な飲食店と変わらないので、年齢制限は定められていません

そのため、労働基準法で定められているように15歳以上の高校生であれば、誰でも働くことができます。

ただし、15歳以上であっても中学生だと働けず、在学している高校が校則で「アルバイトを禁止している」なら、停学や退学処分などのリスクを伴うのでやめておきましょう。

コンカフェとは?ガールズバーとの違いや仕事内容について解説

バー業態のお店は基本的に18歳以上しか採用していない

コンカフェには業態が2種類あり、キャストが「メイド」や「ナース」などのコスプレをしてオムライスにイラストを描いたりして「萌え系のコンテンツ」を提供する「カフェ業態」とコスプレをしたキャストとカウンター越しにお酒を飲む「バー業態」があります。

カフェ業態には年齢制限がありませんが、バー業態は営業時間が夕方から深夜・翌朝に及ぶため、18歳以上しか採用していないことが多いです。

さらに、18歳だとしてもお酒やたばこは禁止されているため、募集年齢を20歳以上としているお店もあります。

上限はないものの30歳までしか募集していないお店が多い

基本的にコンカフェで働ける年齢に上限はないものの、30歳までしか募集していないお店が多いです。

そのため、長くコンカフェで働きたいと考えているなら、キャストとしてのスキルアップをしつつ、会社の売り上げに貢献できる働きをして、店長や管理職などの社員を目指しましょう。

また、25歳~30歳になったら退職する女性が多く、通常の昼職に就職するか、ガールズバーやラウンジなどの夜のお店に就職する人で分かれることが多いです。

コンカフェ嬢の平均年齢と年齢層

10代後半から20代前半が圧倒的に多い

コンカフェで働く人の年齢層は、10代後半から20代前半が圧倒的に多いです。

また、お客さんからの人気を集めやすいのも20代前半のキャストが主となるため、仮に20代後半で入店できたとしても、一人暮らししていけるほど稼ぐのは難しいでしょう。

ただし、店長や管理職として働いているキャストは、幅広いスキルを持っていたり、業界に対する知識が豊富なことから、25歳から30歳の可能性があります。

コンカフェの給料ってどれくらい?平均の時給と月収を紹介!

コンカフェ嬢を卒業する年齢とタイミング

25歳以上が目安となる

コンカフェを卒業(退職)する年齢は、25歳以上が目安となります。

コンカフェで働くうえで年齢の制限はないものの、新しく入店してくるキャストは20代前半が多いため、周囲との年齢差に悩んで卒業するケースが多いです。

また、お客さんも若い女性と話すことを好んで来店するため、少しでも長く働きたいのなら、若く見えるメイクをしたり、肌のケアをするなどの努力をしましょう。

解雇はされないが30代になったら転職する人が多い

コンカフェでは、一般の企業と同じように、お店の備品やお金を盗むなどの犯罪を犯したりしなければ解雇されることは少ないですが、30代になると仕事や結婚といった将来のことを考えて、自主的に転職する人が多いです。

すでに正社員として採用されており、役職に就いてやりがいを持って仕事をしているなら続けていても問題ありません。ですが、アルバイトとしてだと徐々に人気がなくなっていき、コンカフェ嬢としては稼ぎにくくなります

そのため、30歳になるタイミングで今後の生活、自身のキャリアのために安定した収入を得られ、長く続けられる仕事に転職するのがおすすめです。

30代のコンカフェ嬢が年齢詐称をして働く方法

自分磨きをしてお客さんに若く見られるようにする

30代になって年齢を詐称してでもコンカフェ嬢として働きたいなら、自分磨きをしてお客さんに若く見られるように努力しましょう。

例えば、食生活を見直して健康に気を遣ったり、質が良く、自分の肌にあった化粧品を使うようにしましょう。また、雑誌やインターネットで若く見えるメイクについて勉強してみるのもおすすめです。

童顔に見えるようにメイクをする

年齢を詐称してコンカフェで働くなら、童顔に見えるようにメイクをしてみるのがおすすめです。

ただし、童顔の特徴として、顔の輪郭が丸かったり、鼻が小さくて低めというものがあるため、もともと顔が長かったりすると童顔に見せるのが難しいケースもあります。

童顔に見せるメイクのポイント
・眉毛はナチュラルに仕上げる
・アイラインを使ってたれ目に見せる
・目尻切開ラインを入れて、目元を優しく見せる
・血色感チークで、顔色を明るくして健康的な可愛さに仕上げる
・鼻と上唇の間の溝「人中」を短くして、顔の縦幅を短く見えるようにする

コンカフェの年齢に関するよくある質問

コンカフェは高校生・大学生でも働ける?

一般的なカフェ業態のコンカフェなら、15歳以上の高校生から働くことができます。

ただし、お酒を提供するバー業態だと、高校生は採用されるケースが低くなります。また、18歳以上の大学生は採用されるケースはありますが、20歳未満だとお酒を飲めないことから不採用となることもあります。

コンカフェで年齢詐称をして働いたらバレる?

コンカフェで年齢詐称をして働いていると、バレる可能性が高いです。

もし、お店・店長に実年齢を伝えていてホームページのプロフィールに「23歳」と書いていたとしても、実際に会ったお客さんから感づかれる可能性は高いです。

また、お店・店長にすら実年齢を伝えておらず、友達や姉妹の身分証明書を借りて働き、お店にバレてしまうと「私文書偽造罪」として罰せられる危険もあります。

まとめ

コンカフェのカフェ業態は、一般的な飲食店と仕事内容が変わらないため、15歳以上の高校生であれば法律上は働くことができます。バー業態のコンカフェは、お酒を飲んだり、営業時間が深夜に及ぶことから高校生は働けず、18歳以上でないと採用されないでしょう。

また、業態に関わらず、25歳付近が卒業(退職)の目安となり、長く続けたいと考えているなら、スキルアップをして正社員を目指しましょう。

たとえ、年齢詐称をして30歳まで働けたとしてもお客さんからバレる可能性は高く、人気を集めにくくなってくるため、稼ぎにくいでしょう。

当サイトでは、コンカフェ・ガールズバーに関する情報を多数掲載しています。コンカフェ・ガールズバーに興味がある方は、ぜひ他の記事も参考にしてみてください。