ガールズバーってどんな感じ?仕事内容やキャバクラとの違いについて紹介

「ガールズバーで働いてみたい…」とは思っているものの、仕事の内容やお店の雰囲気が分からず、応募していない方は多いでしょう。

また、夜のお店の代表格とも言える「キャバクラ」も、キャストの女性とお客さんがお酒を飲むところなので、ガールズバーと何が違うのか分からない方もいるでしょう。

そのため、本記事では「そもそもガールズバーとは何なのか」や「ガールズバーの仕事内容」、「キャバクラとの違い」について紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

ガールズバーとは

女性店員がお酒を作ってお客さんと会話するショットバー

ガールズバーとは、バーテンダーや接客スタッフなどの女性店員がお客さんに提供するドリンクやおつまみを作って会話をするショットバーのことです。

一般的なバーとは異なり、お客さん1組ごとに店員の女性が1人付き、接客をするのが特徴です。ただし、キャバクラとは違って風営法によって「女性がお客さんの隣に座って接客すること」はなく、必ずカウンター越しとなります。

また、お店によっては、お客さんに提供するドリンクの調理だけでなく、ダーツやカラオケができるところもあるので、様々な楽しみ方があるのが特徴です。

なお、ガールズバーでは、女性店員のことは「キャスト」と呼ばれています。

店舗によっては女性がコスプレ衣装を着ている

ガールズバーで働くキャストは、基本的にお店の雰囲気に合わせて「ワンピース」や「スカート」などの自分で用意した私服を着て接客をしますが、お店によっては貸し出されたコスプレ衣装を着ているところもあります。

例えば、スーツやバニーガールといった王道のコスプレ衣装から、水着や肩が見える着物などの露出の多い衣装を着て接客するお店もあります。

ガールズバーってどんな服装が良いの?おすすめからNGな服装まで紹介

キャバクラとの違い

接客の形式が大きく異なる

ガールズバーのキャストは、キャバクラ嬢とは接客の形式が異なり、お客さんの隣ではなくカウンター越しに接客をします。

もし、ガールズバーでキャストがお客さんの隣に座って、お酒を作ったり会話をしてしまうと「接待行為」となり、風営法に違反してしまいます。

また、必ずカウンター越しで接客することになる上、お店側も「キャストに触れる行為」を禁止しているため、お客さんに触られたくない女性は安心して働くことができます。

営業時間に制限がある

キャバクラは、「接客飲食店営業」に分類されて、風営法によって「午前0時から6時」は営業を禁止されていますが、ガールズバーは「深夜酒類提供店」に分類されるため、営業時間に制約がありません。

そのため、深夜25時や早朝5時まで営業しているお店が多く、3・4次会や終電を逃した人を中心に来店されます。

勤務時の服装が異なる

キャバクラでは、ロングドレスやミニドレスといった露出の多い服を着て接客をするのが基本ですが、ガールズバーでは、基本的に私服で接客をしても良く、ワンピースや膝丈までのスカートのような服を着ているキャストが多いです。

ただし、前述したように、一部のガールズバーではバニーガールや水着などのテーマに合わせて、お店から貸し出された衣装を着て接客する場合もあります。

指名制度の有無

ガールズバーは、多くのお店が風営法の許可を取得していないため、キャバクラとは違って特定のキャストを指名する制度がありません。

もし、風営法の許可を取得していないにも関わらず、指名制度を導入していると違法行為になってしまいます。キャストやお客さんは摘発されませんが、お店が摘発されてしまえば営業ができなくなり、キャストの女性は職を失い、新しい仕事先を探す必要があるため、面接時や実際に働く前に店長に確認しておきましょう。

平均の給料

ガールズバーは、キャバクラよりも平均の時給・月収に差があります。

ガールズバーの平均時給は、2000円~3000円程度に対して、キャバクラの平均時給は3000円~5000円程度が相場となっています。

さらに、高級なキャバクラでは、時給が8000円以上のお店もあり、週3日で1日4時間働くだけでも、月に384000円も稼ぐことができます。

ただし、ガールズバーはキャバクラとは違って、必ず常連のお客さんと同伴やアフター、連絡先の交換をしなくても良いため、ストレスを溜めずに自分のプライベートも大切にしながら働けるのが魅力です。

また、露出の多いドレスを着なくてもよく、接客時にお客さんに触られる心配もないので、初めて夜のお店で働く人にはおすすめの職種です。

ガールズバーの給料の相場は?どれくらい稼げるの?平均の時給と月収、具体例を紹介!

ガールズバーの仕事内容(業務内容)

ガールズバーの仕事内容 まとめ
・ドリンクやおつまみを作ってお客さんに提供する
・お客さんの話し相手になったり、一緒にゲームをする
・お店に混雑状況によっては、外で呼び込みをする

ガールズバーでの基本的な仕事内容は、注文されたドリンクやおつまみを作ってお客さんに提供し、会話することがメインとなります。

特に、ガールズバーに来るお客さんは、一般的なバーとは違い、キャストである女性との会話を楽しみにしている人が多いため、キャストは初対面の人でも愛想よくして「楽しんでもらえる会話をする」ことが大切です。

また、お店によっては、様々なオプションが用意されており、お客さんとダーツをしたり、カラオケをして楽しむことも仕事の一環としてあります。

さらに、店内にお客さんがおらず、キャストの手が空いているときは、お店の外で看板やチラシを持って呼び込みをすることもあります。

ガールズバーのキャッチ(客引き)のコツとは?行うときの注意点も解説

ガールズバーの料金システム

時間ごとのセット料金・ドリンク代・TAXで決まる

ガールズバーの料金は、お店によって決められた時間の「セット料金」と注文した「ドリンク代」、TAX・サービス料で決まります。

セット料金は、1セット60分で3000円程度が相場ですが、お店によっては40分や50分に設定しているところもあるため、目当てのお店があるときは事前に調べておくのがおすすめです。

また、多くのガールズバーでは、初回のお客さんは特別料金として、通常よりも安い料金で楽しめるため、ぜひ利用しましょう。

なお、1セット飲み放題でも、ビールなどの特定のお酒は別料金になってしまうので、覚えておきましょう。

女性キャストにご馳走すると追加料金が発生する

ガールズバーでは、キャバクラと同じように女性キャストにドリンクやフードをご馳走できます。

ただし、セット料金とは別で料金が発生するため、予算と相談したうえで無理のない範囲でご馳走するようにしましょう。

しかし、キャストに好きなお酒をご馳走すれば、会話が弾んでガールズバーをより楽しめるので、初めて行った際には1ドリンクはご馳走するのがおすすめです。

ダーツやカラオケをすると追加料金が発生する

ガールズバーには、キャストとの会話だけでなく、ダーツやカラオケをオプションとして用意しているところがあり、利用すると追加料金が発生します。

ダーツは1ゲーム100円、カラオケは1曲200円や500円で歌い放題など、お店によって様々です。ダーツやカラオケは、キャストへのドリンクとは違って頼まなくてもお店から敬遠されることはないため、予算と相談して決めましょう。

利用するタイミングとしては、お気に入りのキャストが歌うのが好きなことを知ったときや、会話だけでなくダーツをして新しい遊び方をしたくなったときなどにすると良いです。

特定の女性をリクエストすると追加で料金がかかる

ガールズバーには、キャバクラにある「指名制度」はありませんが、似たようなシステムの「リクエスト」というものがあります。

「リクエスト」とは、特定のキャストから接客をされやすくなるというもので、利用すれば追加料金が発生します。

ただし、風営法に触れてもおかしくないようなグレーゾーンなので、すべてのお店に「リクエスト」があるわけではありません。

ガールズバーの営業時間

夜19時頃から翌朝5時頃が基本

ガールズバーでは、基本的に夜19時頃から開店し、深夜24時か翌朝5時頃まで営業しているお店が多いです。

中には、17時~18時頃から営業しているお店や朝7時から日中にかけて営業しているお店もあるため、目的のお店があるときは事前に営業時間を調べておきましょう。

ただし、あまりにも街に人がいない場合には、店長の判断で早めにお店を締める可能性もあるため、注意しましょう。

ガールズバーの年齢制限

18歳未満は労働基準法・風営法によって働けない

ガールズバー自体には、採用に関する年齢制限はないものの、22時以降の深夜も営業することから、労働基準法や風営法によって、実質的に18歳未満は働けません。

また、各求人サイトに掲載されている求人情報にも、それらを踏まえて募集年齢を「18歳から30歳」と絞っているお店が多いです。

どちらにしても20歳以上にならないとお酒は飲めない

もし、勤務時間を22時までというのを条件にして、18歳未満の女性が採用されたとしても、法律でお酒は20歳以上にならないと飲めないため、必ず守りましょう。

万が一、お酒を飲んでいることが警察にバレてしまうと、以下のようなケースが発生する恐れがあります。

対象者発生する恐れがある問題
お店・お酒を提供できなくなる
・罰金を支払う可能性がある
お酒を飲ませたお客さん・強要罪などの罪に問われる可能性がある
お酒を飲んだ本人・罪には問われない
・警察から補導される
・学生なら退学・停学処分、会社員なら懲戒解雇になる可能性がある

まとめ

ガールズバーは、キャストの女性とカウンター越しにお酒を飲んで楽しく会話するところです。

お店によっては、コンカフェのように特定のテーマを決めたところもあり、テーマに沿ってキャストが水着やバニーガール、着物などの衣装を着て接客します。

また、キャバクラとは接客形態が異なることから、平均の給料にも差がありますが、お客さんと一定の距離を保って仕事ができるため、ストレスを溜めずに働くことができます。

さらに、キャバクラほど料金も高くなく、初めて来店したお客さんは特別料金で利用できるため、敷居が低いのも特徴です。

当サイトでは、コンカフェ・ガールズバーに関する情報を多数掲載しています。コンカフェ・ガールズバーに興味がある方は、ぜひ他の記事も参考にしてみてください。