ガールズバーの面接でよく聞かれる質問とは?受かるコツやおすすめの服装や髪型も紹介

ガールズバーで働くなら、まず面接を突破しなければいけません。

面接は、基本的な質問の受け答えが中心で答え方や振る舞い方の工夫次第で、採用されやすくなります。

本記事では、ガールズバーの面接でよく聞かれる質問と面接に受かるコツを解説します。ガールズバーの面接におすすめの髪型や服装も紹介しているので、面接に受かるか不安な方は、ぜひ参考にしてください。

ガールズバーの面接でよく聞かれる質問と回答例

ガールズバーの面接は、店長やスタッフからの質問に答えることが中心です。

そのため、事前に聞かれる可能性が高い質問を把握しておけば、スムーズに受け答えができるようになります。

志望動機について

志望動機はガールズバーに限らず、どんな採用面接でも聞かれることの多い質問です。特に、ガールズバーの場合は「なぜガールズバーで働きたいのか」はもちろん、「なぜこのお店を選んだのか」ということも聞かれる可能性があります。

ナイトワークである以上は「夜に効率よく稼ぎたかったから」など、給料を理由にしても多くのお店では問題ありません。ですが、それに加えて「自分を採用すればお店にどんなメリットがあるのか」「数あるガールズバーの中でなぜこのお店を選んだのか」を具体的に伝えられれば、受かりやすくなります

当サイトには、コンカフェの志望動機の書き方と例文を紹介した記事を掲載しています。職種は違いますが、コンカフェもガールズバーも「接客業」という共通点があるので、少し修正をすれば流用が可能です。

以下の記事を参考にして、志望動機を考え印象の良い志望動機を考えてください。

コンカフェの志望動機って必要?書き方と例文を紹介!

ナイトワーク経験の有無について

ガールズバーは、未経験者を歓迎しているお店も多く、ナイトワーク経験がなくても面接で不利になることはありません。ナイトワーク経験がなければ、正直に「ありません」と伝えて、経験があればどの職種でどれくらい働いていたか、具体的に話してアピールしましょう。

ただし、勤務経験があっても1〜2ヶ月ほどで退職したり、お店を転々としたりといった経歴だと、「すぐ辞めてしまうかも」と面接官にかえって悪い印象を与える恐れがあります。そのため、長期間の勤務経験がない場合はアピールを控えるのが無難です。

もちろん、嘘を付くと経歴詐称となり、後に社会保険の加入手続きなどでバレる可能性があります。「過去にガールズバーで働いたことはありますか?」など経験を聞かれたら、経験の有無や勤続期間について嘘をつかず、正しく答えましょう。

前職(前のお店)を辞めた理由について

前職がある場合、前職を辞めた理由を聞かれる可能性があります。回答次第では「うちでも同じことが起きたらすぐに辞めてしまうかも」と面接官に不安にさせてしまうため、工夫して答えるようにしましょう。

特に「人間関係がうまくいかなかったから」など、ガールズバーでも起こりうる理由だった場合は、すぐに辞められるリスクを避けるため、不採用にされる恐れがあります。

そのため、辞めた理由を聞かれたときは「前職と違った仕事がしたい」など前向きな理由を伝えたり、面接を受けるガールズバーでは起こりえない理由を伝えましょう。

住んでいる地域とお店までの通勤時間について

ガールズバーの面接では、住んでいる地域やお店までの通勤時間を聞かれる場合もあります。通勤時間を聞かれるのは、自宅とお店の距離が離れており、出勤が面倒になってすぐに辞められたり、出勤日数や出勤時間が限られる恐れがあるからです。

お店によっては、退勤したキャスト用に送迎車を用意しているところもあり、送迎に必要な時間や距離を確かめるために聞いている場合もあります。お店がキャストの出退勤管理をするうえで必要な情報なので、事前に確認しておき正確に答えましょう。

どれくらいの量のお酒が飲めるかについて

ガールズバーのキャストは、お客さんとお酒を飲むことが仕事の中心のため、どれくらいお酒を飲めるかも聞かれます。もちろん20歳未満など飲酒年齢に達していない場合は、飲む必要はなく、飲酒量を聞かれない可能性もあるでしょう。

また、20歳以上であっても、「たくさんお酒が飲めれば採用される」とは限らないため、飲酒できる量は正直に伝えてください。ガールズバーでは、「お客さんといかに楽しく会話できるか」が何よりも重視されるため、飲酒量とともにコミュニケーション能力についてアピールすることがポイントです。

ガールズバーってどんな感じ?仕事内容やキャバクラとの違いについて紹介

週何日・何時間程度働けるかについて

ガールズバーの面接では、採用してどれくらいシフトに入れるのか把握するため、週何日・何時間働けるのかも質問されます。お店としては混雑する週末や終電が終わった深夜帯も安定して働けるキャストを重宝しており、採用にも大きく影響します。

ただし、採用されたいからと面接では嘘をついて「たくさん入れます」「終電後も閉店まで働けます」とアピールしてはいけません。実際に採用され、面接時の希望シフトが嘘だったことがわかれば、待遇の悪化につながる恐れもあるため、実際に出勤を続けられるシフトを伝えましょう。

彼氏・夫がいるか・同意を得ているかについて

ガールズバーで彼氏や夫がいるか聞かれるのは、シフトへの影響やトラブルが発生しそうかどうかを把握するためです。

彼氏や夫がいる場合、バレンタインやクリスマスなどのイベントがあるシーズンに出勤できない可能性が高いため、売り上げを伸ばしにくくなります。

また、もし彼氏や夫に同意や理解を得ていないと、バレたら突然辞められるリスクもあるため、面接で聞かれる可能性が高いです。

彼氏や夫がいることで採用されないわけではなく、繁忙期も出勤できる意欲を見せたり、同意を得ていることを伝えれば合否に影響はありません。

現在他に職業に就いていたり、学校に通っているかについて

ガールズバーでの仕事を本業としたいのか、副業や学生バイトとして始めたいのかを確認するため、面接では本業や学業についても聞かれます。多くのお店では、希望シフトや出勤日数と合わせて聞かれることが多いです。

特に、学生バイトとして始めたい場合、「就職活動が始まるまで」「大学を卒業するまで」などと伝えましょう。仕事や学業があることを正直に伝えれば、働き方やシフトを考慮してもらえる場合もあるため、嘘をつかず正直に答えるのがおすすめです。

ガールズバーの面接に受かるコツ

応募したお店で働きたいことをアピールする

ガールズバーの面接に受かるため、応募したそのお店だからこそ働きたいことをアピールしましょう。志望動機を尋ねられて、ただ「ガールズバーで働きたいから」だけでは、「わざわざうちで採用しなくてもいいだろう」と不採用にされる恐れがあります。

しかし、「先輩が働いていて良いお店だと聞いたので」「明るい雰囲気のお店で魅力を感じたので」など、数あるガールズバーのなかでそのお店に魅力を感じたことを伝えれば、面接官に好印象を与えられます。

熱意を感じさせ、「頑張って働いてくれそう」だと思ってもらうために、面接の際は、そのお店に魅力を感じたことを積極的にアピールしましょう。

お店の雰囲気・コンセプトに合わせて容姿を整える

ガールズバーは、お店によって雰囲気やコンセプトが異なるため、お店の雰囲気に合わせて服装やメイクを変えましょう。

可愛らしい女性が多い場合は、可愛さや幼さを感じさせられるよう身だしなみを整えれば、面接官に「お店になじみそう」だと思ってもらえます。

特に、制服があるお店の場合、制服が似合う容姿であるかも重視されるため、お店で働いている姿が想像しやすいよう、お店の雰囲気に合わせましょう。

お店の雰囲気やコンセプトは、ホームページやSNSで確認するほか、実際にお客さんとして足を運んでみることでも確認できるため、リサーチのうえ面接時の身だしなみを整えてください。

ガールズバーってどんな感じ?仕事内容やキャバクラとの違いについて紹介

笑顔で元気よく話す

ガールズバーに来店するお客さんは、キャストとお酒を飲みながら楽しくおしゃべりすることを目的としているため、元気に楽しく会話できる女性を求めています。そのため、ガールズバーの面接に参加する際は、面接官にも笑顔で元気よく受け答えしましょう。

もちろん、敬語など基本的な言葉遣いは必要ですが、よく笑う女性や元気で明るい女性はガールズバーで人気を集められます。お店でお客さんの心を掴む振る舞いができることをアピールするためにも、面接官には笑顔で受け答えすることも、面接に受かるためには大切なポイントです。

シフトの条件を見直す

ガールズバーの面接に受かるため、希望シフトの条件も見直しましょう。「土日祝は入れない」「金曜や休日前は終電までしか入れない」など、シフトの制限が多すぎると、面接官も採用をためらってしまいます。

また、希望する曜日や時間がきっちり決まりすぎていると、他キャストの出勤日との兼ね合いもあり、希望通りにシフトを入れてもらえない恐れもあるでしょう。希望シフトを聞かれたときは、出勤できる曜日や時間について、無理のない範囲で条件を広げることがおすすめです。

きちんと時間とマナーを守る

面接の際は、事前に決めた面接日時を守ってお店に来ること、面接前後は必ずあいさつすることなど、きちんと時間とマナーを守りましょう。

ガールズバーに限った話ではありませんが、時間やマナーを守れない人は「採用しても遅刻や無断欠席をしそう」「お客さんとトラブルを起こしそう」など、面接官を不安にさせてしまいます。

もちろん電車の遅延や道に迷った場合など、やむをえない理由で遅刻しそうになった場合は、すぐにお店へ電話連絡すれば問題ありません。時間やマナーなど、基本的な礼儀作法は必ず守って、ガールズバーの面接に挑みましょう。

ガールズバーの面接でおすすめの服装・靴・メイク・髪型

ガールズバーをはじめとしたナイトワークでは、見た目も重要な審査基準のため、面接では身だしなみも万全に整えましょう。

ガールズバーの面接におすすめの服装選びや身だしなみのコツを解説します。

服装:お店のコンセプト・テーマにあった清潔感のある服

ガールズバーの面接は、基本的に私服で問題ありません。ただし、面接である以上はジャージやスウェット、汚れやしわのある服などだらしない服装は避けましょう。

服装のテイストにも縛りはありませんが、面接では「お店のコンセプトになじみやすい見た目かどうか」は見られています。

そのため、ガールズバーの面接に行くときは、OL系キャストが多いお店なら襟付きのシャツ、若くかわいい系のキャストが多いならワンピースやスカートを選ぶなど、お店の雰囲気に合った服装を選ぶことがおすすめです。

ガールズバーってどんな服装が良いの?おすすめからNGな服装まで紹介

靴:女性らしさを演出できるハイヒール

ガールズバーの面接に行くときは、足元は女性らしいハイヒールを選びましょう。ハイヒールが好ましい理由は、多くのガールズバーでは接客中にスカートとハイヒールを着用するのが基本となるからです。

したがって、ハイヒールを履けば実際に働く姿を面接官に想像してもらいやすいだけでなく、スタイルが良いきれいな女性像を演出できます。

なお、ヒールの高さや太さに基準はないため、面接に行く際は無理のない範囲で履けるヒールの靴を選んでください。

メイク:普段のメイクよりも少し濃いめくらい

ガールズバーの面接には、普段よりもやや濃いめのメイクで行きましょう。面接である以上はだらしない印象を持たれないために、どれだけ顔立ちが整っていたとしてもすっぴんは厳禁です。

また、多くのガールズバーは暗めの照明で雰囲気づくりをしており、メイクが薄いと顔の印象がぼやけてしまいます。面接自体も暗い店内で行われる可能性があるため、面接官に華やかな女性像をアピールするためにも、メイクは実際の接客を想定して濃いめを意識しましょう。

メイクのポイントは、少し濃いめの色のアイシャドウやリップを選ぶことです。白すぎるファンデーションや太すぎるアイラインなど、自然光で見ると不自然なほど濃くならないよう仕上げてください。

髪型:自分の顔・表情が見えれば普段と同じでも問題ない

ガールズバーの面接での髪型は、清潔感があり顔や表情が見えれば、普段どおりで問題ありません。面接では、アフロやパンチパーマなど奇抜なものでなければ自由です。

顔や表情も面接で見られるポイントのため、顔が隠れすぎない髪型で向かいましょう。ただし、手入れ不足で髪が傷んでいたり根元がプリン色になっていたりすると、面接官に不潔な印象を持たれてしまいます。

ガールズバーの面接に行くときは、事前にきちんとヘアケアするほか、美容院に行って髪を整えてもらっておくことがおすすめです。

ガールズバーの面接で持っていくもの

ガールズバーの面接ではきちんと持ち物を準備しておくと好印象です。

持ち物が万全なら、当日中に体験入店や勤務システムの説明まで進められても柔軟に対応できるため、用意しておきましょう。

履歴書・筆記用具・身分証明書

ガールズバーは、履歴書が不要な店舗も珍しくありませんが、店舗によっては提出を求められる場合があるため、履歴書は必ず用意しておきましょう。履歴書を書くことは、志望動機や自己PRの内容を整理して考えるきっかけにもなるため、面接の質問対策にも役立ちます。

また、筆記用具があればお店から仕事に関する説明を受けたときにメモを取れるため、持っておくと真面目な印象を持たせられます。お店によっては年齢確認を目的に身分証明書の提示を求められる場合もあるため、必ず持参してください。

ガールズバーのなかには、募集要項に「特に必要な持ち物はありません」と明記しているところもありますが、最低限この3つは持っておくことが大切です。

手帳・スケジュール帳

手帳やスケジュール帳があれば、仕事について説明を受けたときにメモを取れるほか、シフトの相談をスムーズに進められます。自分の予定がすぐに分かれば、勤務開始日はいつが良いか聞かれたときも、すぐに正確な日程を伝えられます。

メモを取ったり、予定管理のためスケジュール帳を持っていると、面接官から見ても好印象です。「真面目で遅刻欠勤の心配がなさそう」だと思ってもらう点でも、手帳の準備はおすすめです。

A4サイズの書類が入るかばん

ガールズバーの面接は、A4サイズが入るかばんで向かうのがおすすめです。ナイトワークのお店では、有望な女性を自店に囲い込むため、面接当日にそのまま採用が伝えられる場合もあり、同時に雇用契約書などの書類を渡される可能性もあります

それらの書類を大切に持ち帰るため、A4サイズのかばんがあれば面接の帰りも困りません。なお、書類だけを渡される場合もあるため、クリアファイルを用意しておくのも良いでしょう。

ガールズバーの面接でよくある質問

面接でカラコンをしてもいい?

ガールズバーの面接でカラコンをしても問題ありません。ガールズバーでは見た目も審査されるため、普段からメイクの一環でつけているのであれば、カラコンもつけて面接に臨みましょう。

ただし、面接だからと急に慣れないカラコンをつけたり、メイクや顔立ちに合わないものを選んだりしてしまうと、不自然に見えてしまいます。面接中に目の痛みを感じる恐れもあるため、面接中は受け答えに集中するためにも、つけ慣れたカラコンがあれば使いましょう。

ガールズバーの面接は何分前くらいに行くのが良い?

ガールズバーの面接には、遅くても5分前に着くよう向かいましょう。もちろん遅刻は厳禁ですが、早く着きすぎてもお店に迷惑がかかる恐れがあるため、面接の5〜10分前に着くように行くことが望ましいです。

そのため、ガールズバーの面接が決まったら、事前にお店まで足を運んで「どれくらい時間がかかるのか」「お店の場所はどこか」を確かめておくと良いでしょう。

ガールズバーの面接の合否連絡はいつ頃くる?

面接の合否連絡は、面接した日から1週間以内にくることがほとんどです。多くのお店では面接当日に「合否は◯日までに連絡します」と伝えられるため、焦らず待ちましょう。

もし伝えられた期日を過ぎても連絡がこなかった場合は、自分からお店に問い合わせても問題ありません。また、面接で好印象であれば、当日中に合格を伝えられる場合もあるため、面接官と話し合ったうえで出勤日を決めてください。

ガールズバーの不採用フラグってなにがある?

不採用フラグとして、以下の内容が挙げられます。

  • 面接の時間が短すぎる
  • 合否連絡が遅い
  • 仕事内容や今後の話をされない
  • お店についてネガキャンされる

ガールズバーに限らず、面接官は採用する気がない人にあまり時間を割きません。そのため。面接時間が短かったり、不採用なら必要ない今後の話を全くされなかったりする場合は、不採用の可能性があります。

もちろん、不採用フラグが見えたからといって、必ずしも不採用になるわけではありません。不採用フラグが見えても気にしすぎず、自分をアピールできるよう真面目に受け答えしましょう。

ガールズバーに採用基準はある?

ガールズバーの採用基準として、原則的に以下が挙げられます。

  • 高校を卒業した満18歳以上の女性である
  • 見た目に清潔感がありお客さんに好まれる女性である
  • 接客における言葉遣いやマナーが備わった女性である

ガールズバーは、法律により18歳未満では働けません。そのため、年齢基準を前提にガールズバーで働くうえで必要な容姿やコミュニケーション能力があれば、採用される可能性は高いです。

もちろん18歳で採用されたとしても、20歳以上でなければお酒は飲めないため、ルールを守ったうえで働きましょう。

まとめ

ガールズバーの面接では容姿はもちろん、ナイトワーク経験やシフトなど面接官からの質問への受け答えで採用されるかどうかが決まります。

お店の雰囲気になじむ容姿であり、お酒の席で楽しく会話できる女性であることをアピールすれば、問題なく面接も突破できるでしょう。

面接が不安な場合は、身だしなみや持ち物でガールズバーの面接官に好まれるよう対策しておくことがおすすめです。

ガールズバーで働きたい方は、働きたいお店の面接に合格できるよう、万全に対策したうえで面接に臨んでください。

当サイトでは、コンカフェ・ガールズバーに関する情報を多数掲載しています。コンカフェ・ガールズバーに興味がある方は、ぜひ他の記事も参考にしてみてください。