コンカフェの面接でよく聞かれる質問とは?回答例や受かるコツも紹介

コンカフェは、接客スタイルや制服などが一般的な飲食店と比べて違うところから、「面接で聞かれる質問も違うのではないか」と思う方もいるでしょう。

コンカフェの面接を受ける前によく聞かれる質問を把握して、回答を用意しておくことで採用されやすくなります。

この記事では面接でよく聞かれる質問や、質問に対する回答例をご紹介します。

また、面接で受かるコツや面接でおすすめの服装・髪型、最低限持っておくべきものなども紹介しているので、コンカフェの面接を受ける前に読んで参考にしてください。

コンカフェの面接でよく聞かれる質問

コンカフェの面接の中でも、よく聞かれる質問をご紹介します。

一般的なバイトと似た部分もあれば、コンカフェならではの質問もあるためあらかじめ答えを考えておきましょう。

志望理由・自己PRについて

面接でよく聞かれる質問は、志望動機と自己PRです。

これはコンカフェに限らず、どんな職業の面接でも聞かれる質問です。「なぜコンカフェで働きたいと思ったのか」などと、自分のスキルや長所を伝えることがポイントです。

特に、コンカフェで働くことでお店にどのようなメリットがあるのか、自分のスキルをどう仕事に活かしたいのかを話しましょう。

また、お店によっては「数あるコンカフェの中でなぜこのお店を選んだのか」と質問されることもあります。

理由として、「このお店が自分が働きたいコンセプトだったから」や、「お客さんとして以前来たときにキャストやお店の雰囲気が好きだったから」といった、この店だからこそ働きたい理由を考えておくと、合格率が高くなります

コンカフェの志望動機って必要?書き方と例文を紹介!

長所と短所について

面接でよく聞かれる質問に長所と短所があります。こちらも、一般的な職業によくある質問のため、しっかりと接客業に関係する長所と短所を考えて話せるようにしておきましょう。

例えば、長所は「どんな時でも笑顔でいられること」や「人見知りせずに誰とでも会話ができる」といった、接客に関係するものを長所として取り入れましょう。

短所は、そのまま伝えるだけでなく、「このコンカフェで働くことを通じて克服していきたい」といった、改善しようとする気持ちも交えながら伝えることがコツです。

例えば、あまり人と話す事は得意ではないとは前置きしつつ、カフェのコンセプトに基づいた衣装が好きであることや、お客様が求めるキャラクターを演じることが得意といった別の長所も加えることがポイントです。

また、今は苦手でもカフェで働くことで、これから改善するといった前向きな意見を伝えれば、評価は下がりません。

過去のアルバイト経験について

面接では、過去にどのようなアルバイトをしたのか、経験を聞かれることもあります。もし、コンカフェで働いていた経験があれば、基本的なノウハウを知っていると言うアピールになるため、必ず伝えましょう。

ただし、コンカフェの勤務期間が1ヵ月以内など極端に短いと、「すぐ辞められてしまうのではないか」という、悪い印象を与える可能性があるため注意しましょう。ですが、短期間で辞めたアルバイトがあることを隠して、入店後にバレてしまうとトラブルに発展する可能性があるため、隠さずに正直に話すようにしましょう

また、過去にコンカフェで働いた時に店長や他のキャストと揉めた結果退職したなら、「自分のコンセプトには合わなかった」「お店の雰囲気が自分の働き方と合っておらず辛かった」など、面接官の理解を得られる理由を話しましょう。

過去のアルバイト経験に関しても嘘をつかない

過去のアルバイト経験に関して嘘をついてはいけません。いざ働き出したときに未経験であることがバレると、そのスキルを期待して採用したお店を裏切ることになってしまいます。

趣味について

コンカフェに来るお客さんは、アニメやゲームが趣味の人が多くいるため、面接で趣味について聞かれることが多いです。

聞かれる理由としては、キャストも似たような趣味を持っているとお客さんとの会話が弾んでリピートしてもらえる可能性が高まるからです。

もし、アニメやゲームが好きなら、どんな作品が好きなのか、理由も含めてマニアックなポイントを話しましょう。また、あまりアニメやゲームにくわしくなかったとしても「興味自体はあるので、お客さんとの会話を通して知識を増やしていきたい」といった、前向きな回答をすれば評価は下がりません

ダンスや歌の経験について

コンカフェには、ダンスや歌などのパフォーマンスの一環として行っているお店があります。そのようなお店では、高確率で「ダンスや歌の経験」について聞かれます。

もちろん、歌やダンスの経験があるなら即戦力として期待されるため、積極的にアピールすれば採用されやすくなります

もし、歌やダンスの経験がまったくなかったとしても、面接官も簡単に即戦力が集まるとは限らないと思っているので、不合格にはなりません。入店後にしっかり練習して上手くなれるように頑張ることをアピールすれば採用してもらいやすくなるでしょう。

ただし、「歌やダンスはあまりやりたくない」や「自分にはできなさそう」といった後ろ向きな考えを話すと、評価が下がって採用されにくくなるでしょう。

コンカフェとは?ガールズバーとの違いや仕事内容について解説

希望の勤務日数や時間について

面接では、希望の勤務日数や時間帯についても必ず聞かれます。「土日祝日問わずいつでも出られます」と回答できれば、お店はシフトを組みやすくなるため採用率が上がるでしょう。

しかし、採用されたいからといって、実際にバイトできない日も働けると嘘をつくと、後々トラブルに発展するため嘘をつくのはやめましょう。

また、夏休みやクリスマス、正月は出勤するキャストが少なくなりやすい時期です。この時期なら出勤できると伝えると、お店にとってはありがたい人材として採用されやすくなります

いつから勤務できるか

コンカフェに限らず、他の職種の面接でも「採用となった場合、いつから勤務できるか」というスケジュールの確認があります。特に理由がない場合は、「明日からでも働けます」と伝えましょう

ですが、特別に急ぐ必要はなく、「今アルバイトをしているお店のシフトが入っているため、それ以降なら出勤できます」など正直に伝えても問題ないです。

また、学校に在籍しているのなら、「テストが近いため来週以降からだと幸いです」とはっきりとした理由を伝えれば、特に問題ありません。

ただし、最初の出勤日が面接から1ヵ月以上先だと、すぐ働いてもらえないと採用してもらえない可能性が高いです。できるだけ面接を受けるまでにはスケジュールを調整して、1日でも早く働けるように気をつけましょう。

他のコンカフェなどで掛け持ちをしているのか

ほかの仕事やコンカフェと掛け持ちしているかどうかも、必ず質問される項目です。

例えば、本業として会社で働いたり一般的な飲食店でバイトしたりするのは問題ありません。

ただし、複数のコンカフェで働いたり、ガールズバーやキャバクラといったナイトワークを掛け持ちするのは、基本的にNGのお店が多いです。

もし、嘘がバレるとそのままお店にも迷惑がかかるだけでなく、解雇される可能性があります。ナイトワークをしている場合は、お店を辞めてから、コンカフェに申し込むようにしましょう。

Webサイト・SNS・外でのビラ配りで顔出しはできるか

コンカフェのサイトやSNS、外でのビラ配りなどで顔出しできるかどうかも、事前にチェックされる項目です。

お店としては、キャストの顔をウェブ上やSNSで公開できると、その子目当てでやってくるお客さんの数を増やせると考えています。売り上げを伸ばすためにも、顔出しできるかどうか面接で必ずチェックされるため、可能かどうかよく考えましょう。

基本的には顔出しできると答えた方がいいものの、コンカフェで働いていることがバレて私生活に悪影響が出る人もいます。その際には、どうしても顔出しできない理由を丁寧に説明しましょう。

また、目元を隠した状態であれば載せても良いといった条件や、ビラ配りの時はマスクを着用したいといった、自分なりに妥協できるポイントを伝えておくと安心です

コンカフェって闇がある?危ないと言われる理由と危険なお店を見抜く方法

コンカフェの面接に受かるコツ

コンカフェの面接に受かるには、お店にとって必要な人材であるとアピールポイントを作ることが大切です。そこでコンカフェの面接に受かるコツとして、押さえておきたい4つのポイントをご説明します。

応募したお店で働きたいことをアピールする

採用率を少しでも上げたいなら、応募したお店でどうしても働きたい気持ちをしっかりとアピールしましょう。

履歴書にも志望動機を書く欄がありますが、面接官に口頭でこの店だからこそ働きたいと、改めて伝えることがポイントです。

熱意を持って志望動機を話すことで、面接官から見ても頑張って働いてくれそうといったポジティブな印象を持ってもらえます。

コンカフェの志望動機って必要?書き方と例文を紹介!

時間をかけて丁寧に履歴書を作成する

お店に提出する履歴書は、とにかく丁寧に時間をかけて作るようにしましょう。

これはどの面接でも共通ですが、字が得意ではなくきれいな字を書けなかったとしても、丁寧に書いたと言う姿勢は必ず汲み取ってもらえます。そのため、決して雑に書かずに一文字ずつ丁寧に書きましょう。

証明写真は顔がはっきり分かるものを選ぶ

履歴書に貼る証明写真は、自分の顔がはっきりと分かるものを選びましょう。特に、髪の毛が長くて顔が隠れてしまっているなら、髪を切ってスッキリさせてから撮るのがおすすめです。また、スーツでなくても、清潔感のあるブラウスといった服装を着ることで好印象を与えられます。

お店の雰囲気・コンセプトに合わせて容姿を整える

面接に受かるコツとして、お店の雰囲気やコンセプトに合わせて自分の容姿を整えるのもおすすめです。

例えば、お店が可愛らしい雰囲気のメイドカフェだったら、ボーイッシュな服装で行ってしまうとお店の雰囲気に合わないタイプと感じられてしまいます。

可愛らしい雰囲気のお店なら、メイドカフェを意識したスカートやワンピース、ヘアセットを心がけましょう

お店の雰囲気に容姿を合わせるために、面接前にホームページなどを確認してどのような服装が良いのか確認しておきましょう。

愛想・態度を良くする

面接に受かるコツとして、愛想の良さや態度のやわらかさを意識することも大切です。コンカフェにやってくるお客さんは、キャストの女の子と楽しい会話をすることが目的です。

お店としてもきれいな子と言うよりも、話していて楽しい愛想が良い人を採用したいと考えています。

そのため、面接中に緊張しすぎて表情が固かったり、面接官の目を見て話せなかったりする状態だと、お店で働けないと思われてしまいます

また、面接で必要な持ち物を忘れてきたり、面接中にもかかわらずスマホを触るなども控えましょう。一般常識のない人と判断されると、いくら容姿が良くても不採用になってしまいます。

シフト条件を見直す

出勤できる日数や時間が細かく制限した状態だと、お店はシフトを組みづらいと採用されなくなってしまいます。

「土日祝日は絶対に働けません」と言った条件や、「金曜日は遅い時間まで働くことができません」といった、融通が効かないスケジュールを最初に伝えすぎないことがコツです。

例えば、普段は金曜の夕方以降は働けないといった場合でも、「繁忙期などに人手が必要な時は時間を作ります」など、場合によってはシフトを柔軟に変えられるといった姿勢を見せることが大切です。

きちんと時間とマナーを守る

コンカフェに限らず面接において大切なことですが、きちんと時間とマナーを守って面接を受けましょう。

意外と面接の時間を守れなかったり、ちゃんとした挨拶ができなかったりする人もいます。面接官にとって遅刻や無断欠勤を繰り返しそうと思われては、不採用になります。

また、お客さんとトラブルを起こしそうなキャストだと感じられても、不採用の原因につながります。

ただし、電車の遅延などやむを得ない理由なら、遅刻しそうだと分かった時点ですぐに電話をかけましょう。早めに対応することで、トラブルが発生したときも誠実に対処してくれる人だと好印象をもたれる可能性があります。

コンカフェの面接でおすすめの服装・メイク・髪型

コンカフェの面接は、一般的な採用面接と違ってスーツは着用しません。

容姿や清潔感など、接客業として重視される職業だからこそ、コンカフェに合った服装やメイク、髪型を心がけましょう。

服装:清潔感がありお店のコンセプトにあった私服

コンカフェの面接に着ていく服は、清潔感がありつつもお店のコンセプトに合った私服がポイントです。メイドカフェなら可愛らしい服装、メンヘラカフェや悪魔カフェならゴスロリ系の服がおすすめです。

また、コンカフェの面接では服がしわしわだったり、シミがついていたりすると印象が悪くなります。飲食店として清潔感も重視されるため、着る服は手入れをしてください。

メイク:コンセプトに合わせた派手すぎないもの

メイクは、無難にナチュラルメイクでも問題ありません。ただし、お店のコンセプトに合わせた派手すぎないものを意識すると、面接官にとってこのお店の雰囲気に合っていると思ってもらえます

メイドやアイドルなどの可愛らしいコンセプトのお店なら、ピンク系のメイクにまとめましょう。反対に、悪魔やメンヘラがコンセプトならしっかりと地雷系のメイクを取り入れると、お店の雰囲気に合います。

髪型:服装とメイクに合わせれば問題ない

髪型は、服装とメイクに合わせたものを選べば、特に問題ありません。

気をつけたいのは目や顔が見えるように、前髪が長くなりすぎないようヘアセットすることです。表情が見えないと暗い印象を持たれたり、不衛生だと思われたりしてしまいます。

普段は前髪を下ろしている人も、面接中だけはしっかり分けたりアップにしたりと、清潔感を意識したヘアセットをしましょう。

コンカフェの面接に持っていくもの

コンカフェの面接には何を持っていけば良いのでしょうか。

お店によって必要なものは多少の違いがありますが、共通する部分もあるため忘れずに用意しておいてください。

履歴書・筆記用具・身分証明書

コンカフェの面接で必ず持っていくべきなのが履歴書と筆記用具、身分証明書です。

ただし、コンカフェによっては履歴書不要としているお店もあります。履歴書がなくても、面接で志望動機や自己PRは聞かれるケースが多いため、事前にしっかりと考えをまとめておきましょう

また、筆記用具は面接中に手帳等でメモを取ったりするケースに備えて、必ず筆記用具とメモは一緒に持っておくのがおすすめです。

「特に持ち物がなくても面接はできます」といったところもありますが、働きたいと言う姿勢を見せるためにも最低限この3つは持ち歩きましょう。

コンカフェの志望動機って必要?書き方と例文を紹介!

手帳・スケジュール帳

面接には、メモができる手帳やスケジュール帳を持っていきましょう。面接中にメモを取るだけでなく、スケジュールを確認できるカレンダーがある手帳がおすすめです。

仮に、スケジュールを見る目的だったとしても、面接中にスマホを見る事はあまり印象を持たれません。「勤務開始日はいつがいいか」という質問に対して、すぐ答えられるように用意しておきましょう。

A4サイズの書類が入るかばん

面接に持っていくカバンは、A4サイズの書類が入るものを選びましょう。理由は、面接後にそのまま採用が決まった際には、雇用契約書等の書類を渡されるケースがあるからです。

また、お店の情報として資料を渡されるケースもあるので、小さいカバンではなく書類がしっかり入る大きめのカバンを持っていきましょう

コンカフェの面接に関するよくある質問

カフェの面接で事前に知っておきたいよくある質問項目をまとめました。

面接を成功させるためにも質問で多い悩みを知ることで、事前に準備していきましょう。

コンカフェの面接は何分前くらいに行くのが良い?

コンカフェの面接には、遅くても5分前までにはお店に到着しましょう。遅刻することは絶対にNGですが、10分以上前など、早く行き過ぎてもお店の準備ができていないと迷惑をかける可能性があります

そのため、面接前に直接お店へ行ってどのぐらい時間がかかるのか、場所を調べておきましょう。

当日は余裕を持って出発し、面接時間の前までにお店の近くの喫茶店で待機するなど、確実に面接の5分前ぐらいに入店できるように調整してください。

コンカフェの面接の合否連絡はいつ頃くる?

コンカフェの面接の合否は、面接をした日から1週間以内に連絡をもらえることが一般的です。

お店によっては、即戦力として当日に採用が決まるケースもあります。ですが、基本的には「面接後に何日以内に連絡します」と伝えられることが多いため、焦らずじっくり待ちましょう。

また、1週間以上過ぎても、コンカフェから連絡が来ないならこちらから問い合わせしても問題ありません。

コンカフェの不採用フラグってどんなものがある?

コンカフェの不採用フラグは、面接時間が短すぎることです。例えば、最初から採用するつもりがないと面接を早く切り上げる面接官もいるのです。

また、合否連絡が遅いことも、採用する気がないからこそ連絡を後回しにしているケースも考えられます。

ただし、フラグがあったからといって必ず不採用とは限らないため、あまり気にしすぎずにお店からの連絡を待ちましょう。

コンカフェには採用基準はある?

コンカフェの採用基準として、年齢に関するものはないです。しかし、コンカフェの多くは10代や20代の女性がほとんどです。また、容姿に関しても、公にはしていないものの採用基準がないとは言い切れない業界です。

ただし、容姿が良くても愛想がなければ、接客業ができないと見なされ、不採用になってしまいます。コンカフェにおいて、大切なのは明るさや愛想の良さです。容姿に自信がなくても愛想がよければ、その日のうちに採用される可能性も十分にあります。

反対に、やる気を感じられない人や暗い人は、用紙関係なく不採用になってしまうため面接でハキハキと回答することを心がけましょう。

コンカフェに年齢制限はある?コンカフェ嬢の平均年齢と卒業するタイミングを紹介

まとめ

コンカフェの面接は、一般的な飲食店の質問項目と似たものもあれば、カフェの雰囲気に服装やメイクを合わせるといった独自のポイントもあります。

何よりも大切なのはきちんと一般常識を守り、明るく振る舞うことです。学生や社会人のダブルワークも多い職業のため、比較的柔軟にシフトを組めるお店もあるため、自分に合ったところを探しましょう。

自分が働きたいお店を見つけたら、まずは事前にお店の雰囲気をチェックして志望動機や自己PRをまとめた上で、面接に挑んでください。

当サイトでは、コンカフェ・ガールズバーに関する情報を多数掲載しています。コンカフェ・ガールズバーに興味がある方は、ぜひ他の記事も参考にしてみてください。